将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせ、将棋界について

対局結果

川上七段戦

振り駒で後手に。 矢倉の急戦模様から、前例の少ない乱戦になりました。 辛抱が実る 迎えた図。と金を作った手に対し、先手が攻め込んできました。 (青字が実戦の手、後手△が私です) ここまで3手連続で駒を引かされています。いまは▲2五桂に△2二角と逃…

千田七段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。午前中から定跡を外れて力戦になりました。 我慢と踏み込み ジリジリとした展開で我慢を強いられましたが、チャンスとみて一気に踏み込んで迎えた図。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) この▲8二飛が狙いの一着で、対処…

佐藤(紳)七段戦

先手で相手の雁木に急戦を仕掛けました。 本局は、後ろ向きな手が多く、それが負けにつながりました。 後ろ向きな手 中盤戦。局勢をリードして迎えています。 相手が歩を突き捨ててきました。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) ▲同飛は△7五飛が王手銀取り…

及川六段戦

振り駒で後手になり、相掛かりへ。 予想していない格好でしたが、普段の研究が生きて作戦勝ちに。 しかし中盤でいくつか小ミスを出してしまい苦戦に陥りました。 王手の千日手 迎えた図は終盤戦。相手が銀で王手をかけてきました。 (青字が実戦の手、後手△…

石田五段戦

後手で角換わりに。 相手の動きに乗じ、後手番ながら積極的に仕掛けました。 実った積極性 迎えた図。互いの玉が危険な状態で、際どい一手争いです。 ここでも積極的に指して勝利を手繰り寄せました。 (青字が実戦の手、後手△が私です) 実戦は△7七銀。銀…

佐藤(慎)五段戦

振り駒で後手になり、相掛かりへ。 3月に佐藤(慎)五段と対戦した時と同じ戦型になりました。 玉の早逃げ 図は終盤戦。▲4四金と迫られたところ。 なんとか手を稼いで△4六歩などの反撃がまわれば勝ちが見えるところ。 ただ現状は▲5三桂成△3一玉▲5二飛…

高見七段戦

先手で角換わりへ。 中盤でリードを奪ったものの、自陣に手を入れたのが緩手でそのリードをふいにしました。 B面攻撃 迎えた図。 ▲5六銀と遊び銀を使ったところ。 この手も緩手で、次の手でしびれました。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) △2四香が好…

高野(秀)六段戦

振り駒で後手になり、▲矢倉vs△雁木の対抗形に。 好手 相居飛車らしく互いの玉に迫る攻め合いで迎えた図。 持ち時間の少ない中でいいところに手がいきました。 (青字が実戦の手、後手△が私です) 先手の狙いは▲3五桂。以下△5二銀と逃げると▲7五銀△同銀▲4…

中村(修)九段戦

振り駒で先手になり、駆け引きの後、相手の三間飛車に穴熊で対抗する格好になりました。 中盤で致命的な見落としがあり劣勢に。 終盤は追い上げましたが、最後にキレイな手で勝負を決められてしまいました。 詰めろ逃れの詰めろ 後手玉は▲7三金からの詰めろ…

黒田四段戦

後手で相掛かりに。 仕掛けでリードを奪い、ギリギリのところを踏み込んで優勢になりました。 敵陣にトライ! 終盤戦で安全にいく手を逃して冷や汗をかきましたが、図でようやく勝利を確信しました。 (青字が実戦の手、後手△が私です) ▲4九銀の王手に対し…

佐藤(紳)七段戦

振り駒で後手になり、矢倉の急戦からみたことのない戦いに。 膠着状態で千日手も視野に入る戦況でしたが、思い切って撃って出ました。 異端の角打ち 端を詰めて、空いたスペースに角を打って局面を打開しにいきました。 △7五歩▲同歩△9四角と桂頭を狙ったと…

福崎九段戦

先手で相居飛車の力戦に。相手の動きに乗じて急戦を仕掛けました。 飛車取りを放置 勢いはいいものの攻めが続くかギリギリの勝負に。 迎えた図。飛車取りをどう処理するか、という局面に見えますが。 (青字が実戦の手、先手▲が私です。) ここで▲9六歩と思…

飯塚七段戦

振り駒で後手になり、角換わりへ。 流行の形に進みました。 一瞬の勝機 均衡のとれた激戦が続き、迎えた図。 ここで一瞬の勝機をとらえました。 (青字が実戦の手、後手△が私です。杏=成香) 自陣も危ないですが、かまわず△6八歩と攻めたのが好手に。 △6…

渡辺(正)五段戦

振り駒で後手になり、先手中飛車に急戦で対抗。 小競り合いから、相手の穴熊に対して攻め込む展開になりました。 好手を喫する 5七にと金を作ったところ。格言にも「5三のと金に負けなし」とあるように急所のと金のはずでしたが、穴熊相手には勝手が違いま…

宮田七段戦

振り駒で先手になり、一手損角換わりに早繰り銀で急戦を仕掛けました。 角のタダ捨て 攻め込んで迎えた図。 桂得はしたものの、角が詰んで困ったようですが、狙いの一手がありました。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) ここで▲5三角成が強烈なタダ捨て。…

杉本(和)四段戦

振り駒で先手に。ゴキゲン中飛車に急戦で対抗しました。 踏み込みを欠く 仕掛け直後に見落としがあり、苦戦を意識していました。 そこで迎えた図。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) 相手の飛車や5六歩がうっとうしいので、そこをどう受けるか、という局…

藤井(猛)九段戦

振り駒で後手になり、相手の四間飛車を迎え撃つ格好に。 強手炸裂 こちらが千日手を望んだところ、相手が拒否して大決戦に。 その打開が危なかったようで、強手でリードを奪いました。 (青字が実戦の手、後手△が私です) ここで△5六同銀とタダ捨て! ▲同金…

中川八段戦

振り駒で後手になり相掛かりへ。 中盤の折衝で形勢を損ねて敗勢に。それを粘りに粘って逆転しました。 入玉を捕まえる 迎えた図は180手目(!)。入玉されたうえにあちこちで駒が当たっており、秒読みで目が回る局面でしたがいい手を指せました。 (青字が実…

佐藤(慎)五段戦

後手で相掛かりに。順位戦は先後5局ずつですが、今期は後手の5局中4局で相掛かりになりました。 強烈な桂打ち 22手目に飛車交換になる激しい展開。迎えた図は夕食休憩の局面です。▲5三桂と攻め込んできたところ。 (青字が実戦の手、後手△が私です。杏=…

松本六段戦

先手で角換わりに。▲4五桂ポンと呼ばれる急戦を敢行しました。 仕掛け周辺で失敗して敗勢に。相手も決め損ねて二転三転の末、一瞬のスキをついて勝ちをもぎとりました。 結果は嬉しいですが、内容的にはミスの多い将棋でした。 指せなかった好手順 図は変化…

中座七段戦

先手で、横歩取りに青野流で対抗しました。 一局通じて形勢の揺れが大きくて、難解な将棋でした。 決断の飛車切り 迎えた図。129手目です。 △6八成桂は厳しい攻めで、▲同金上は△同竜で困ります(▲同金は△8八金で詰み)。 しかし△7八成桂が来る前に一手の…

畠山(鎮)七段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。序盤から定跡を外れた乱戦になりました。 悔やまれる逸機 リードして迎えた終盤戦でしたが、ミスで接戦に。そして図の△7八金が読めておらず、ここで敗着を指しました。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) △5九飛成▲同玉△…

西田四段戦

先手で、角道を止めた四間飛車に居飛車穴熊で対抗しました。 穴熊が生きる 中盤のもみ合いで△6八歩と垂れ歩で攻めてきたところ。 お返しの一着で手応えを感じました。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) こちらも▲6四歩と垂れ歩で返しました。 △同金は▲6…

佐々木(大)四段戦

振り駒で後手になり、相掛かりへ。 AlphaZero流 図は▲3七桂と積極的な駒組みをされたところ。 (青字が実戦の手、後手△が私です) △3六飛と横歩が取れますが、▲8二歩を含みに▲7六歩と突かれて立ち遅れそうです。 この駒組みはAlphaZeroの棋譜にあり、有…

村中六段戦

振り駒で先手になり、三間飛車に居飛車穴熊で対抗しました。 きれいな詰みで制勝 互いに粘り強く指してもつれる展開。最終盤、意を決して詰ましにいきました。 二枚飛車を使ったきれいな詰みがあります。 (青字が実戦の手、先手▲が私です) ここで▲8四飛が…

梶浦四段戦

後手で相掛かりに進み、先手の猛攻を受ける展開に。 反撃に出たところで思い切った手を指しました。 決断の飛車捨て △8九飛成に▲7九銀と8八の銀で受けたところ。 後手玉は先手に迫られてかなり危険な格好ですが。 (青字が実戦の手、後手△が私です) ここ…

田中(悠)五段戦

後手で角交換振り飛車と相対しました。 交換した角を互いに打ち合い、早い時間帯から戦いに。 狙いの強襲が成功するも 先手が▲5六角と引いて7四の歩を取りにきたところ。 (青字が実戦の手、後手△が私です) 戦機とみて、△8五桂と強襲をかけました。 狙っ…

佐々木慎六段戦

振り駒で後手になり、中飛車に超速で対抗。 長い序盤戦で、夕食休憩直前にようやく戦いが始まりました。 銀冠の急所を直撃 夕食休憩の局面。戦いが始まったところ。 この△2五歩は手応えがありました。 (青字が実戦の手、後手△が私です) この△2五歩を▲同…

宮田七段戦

振り駒で先手になり、角換わりへ。 相手の猛攻を浴びて、苦しい時間が続きました。 狙っていた大技 迎えた図は最終盤。 飛車で銀を取って詰めろをかけてきたところ。 ピンチに見えますが、狙いの大技で勝ちを引き寄せました。 (青字が実戦の手、先手▲が私で…

永瀬七段戦

最初に、最後は大ポカでいきなり終局となり、中継を楽しくご覧になっていた方には後味が悪い形になりました。 対戦相手の永瀬七段にも気を遣わせてしまいました。 申し訳なく思っています。 このことは対局の振り返りの後に書きます。 チャンスを逃したとこ…