将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

宮田七段戦

振り駒で先手になり、角換わりへ。

相手の猛攻を浴びて、苦しい時間が続きました。

 

狙っていた大技

迎えた図は最終盤。

飛車で銀を取って詰めろをかけてきたところ。

ピンチに見えますが、狙いの大技で勝ちを引き寄せました。

 

 

f:id:toyamayusuke:20181114105058g:plain

 

(青字が実戦の手、先手▲が私です)

 

ここで▲5四銀が狙っていた大技でした。

△同玉なら▲5五銀と王手飛車。以下△6五玉には▲6六銀△同玉に▲7七角△7六玉▲6六飛と玉を追いかけながら自玉を安全にして勝勢です。

他の変化も含め、飛車を取ればこちらが安全になるので勝ちになります。

 

▲5四銀を取らない手も、△6二玉は▲8四角が王手飛車です。

実戦は△4二玉▲5三銀打△3一玉▲4二銀打と進展。

ここで△2二玉にはやはり▲5五角の王手飛車があります。

▲4二銀打に△同金としましたが、▲同銀成から詰まして勝ちになりました。

 

耐えて掴んだ勝利

仕掛けから攻められっぱなしでしたが、耐えて勝利をつかみました。

前局の永瀬七段戦は耐えきれずに敗れたので、その点は修正できたようです。

来週の竜王戦昇級決定戦に向けて、自信を取り戻した一局になりました。

 

 

それではまた