将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

松本六段戦

先手で角換わりに。▲4五桂ポンと呼ばれる急戦を敢行しました。

 

仕掛け周辺で失敗して敗勢に。相手も決め損ねて二転三転の末、一瞬のスキをついて勝ちをもぎとりました。

結果は嬉しいですが、内容的にはミスの多い将棋でした。

 

指せなかった好手順

図は変化図です。ここからの好手順が見えなかったため、違う進行を選びました。

実戦で気が付かなかった好手順を紹介します。

 

f:id:toyamayusuke:20190207121606g:plain

(青字が実戦の手、先手▲が私です。全=成銀)

 

▲6六馬の活用に△4七銀と攻め合われて自信なし、という読みでこの順を選びませんでした。

しかし▲2九歩の好手がありました。飛車を二段目からそらせば▲6六馬や▲5三竜が間に合います。

△3八飛成と逃げたらさらに▲3九歩と追求します。

 

f:id:toyamayusuke:20190207121759g:plain

(青字が実戦の手、先手▲が私です。全=成銀)

 

△同竜はやはり威力が弱まりますし、△同成銀もそっぽに行かせられます。

これで相手の攻めを1手遅くすることで、勝ちが望める形勢でした。

 

私自身も覚えておくべき手筋と思い、ここに取り上げました。

 

次へ向けて

実力を上げるには、真剣勝負の場を増やすしかありません。

ですので、本局を勝利したことでまた公式戦を指せるのはありがたいです。

反省すべき点を反省して、また次へ向かいます。

 

 

それではまた