将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

梶浦四段戦

後手で相掛かりに進み、先手の猛攻を受ける展開に。

反撃に出たところで思い切った手を指しました。

 

決断の飛車捨て

△8九飛成に▲7九銀と8八の銀で受けたところ。

後手玉は先手に迫られてかなり危険な格好ですが。

 

 

f:id:toyamayusuke:20181214115015g:plain

 

(青字が実戦の手、後手△が私です)

 

ここで△8七飛成が決断の一着。飛車を捨てて、自玉がいっそう危険になりますが、攻防のアヤでしのげると読みました。

長考の末、ここを正確に読めたことが勝利を引き寄せました。

 

実戦は△8七飛成▲同金△7九竜▲3三歩成△5一玉▲4八玉△7八竜と進展。

△5一玉と逃げる手や△7八竜の王手が長考で見つけた好手でした。

最後、△7八竜の王手に先手は思わしい受けがなかったようです。

残りは3戦

順位戦は残り3戦となりました。年明け早々に8回戦が行われます。

本局は勝ったものの、反省点の多い内容でした。

しっかり修正して、残り3戦に全力を尽くせるよう準備していきます。

 

 

それではまた