将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

大平六段戦、八代六段戦

叡王戦段位別予選は、準決勝・決勝と連勝して、本戦へ進出しました。

モバイル中継、ニコニコ生放送で応援いただいた皆さま、ありがとうございます!

昨日の対局を振り返ります。

 

思いきりの良さが勝因に

14時からの大平六段戦。振り駒で先手になり、角換わりへ。

思いきって仕掛けたのが好着想で、ペースを握りました。

迎えた図。先手▲が私です。△6五歩とおさえてきたところ。

(色付きは実戦の指し手)

 

 

f:id:toyamayusuke:20180908114230g:plain

 

 

ここで銀を逃げずに▲5五銀打が思いきった手。

△6六歩と銀が取られますが、▲6四歩が敵玉の急所をとらえた厳しい攻めに。

実戦もそう進み、この後は一気に投了まで追い込むことができました。

 

 

19時からは八代六段との予選決勝。

振り駒で先手になり、相掛かりへ。

無難にいくかリードを奪いにいくかで迷ったのが図。先手▲が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180908114244g:plain

 

 

▲9六角と打てば竜が下がるよりなく、無難な展開で長期戦です。

しかし実戦はリードを奪うべく、思いきって▲6五角と指しました。

竜金両取りながら、△7八竜と王手で逃げられます。

しかしそこで▲6八桂と受けた局面で、相手にいい手がないとみました。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180908114710g:plain

 

 

ここで△6六桂が怖い攻めですが、▲同歩△6七金▲4九玉△8九竜▲3八玉でしのげます。

他にも手段はあるものの、思いきった▲6五角が功を奏したようです。

実戦は金取りを受けた△5四桂▲9六角と竜を捕獲して優位を確立。

 

終盤は強気な指し手を続けて押しきりました。

 

2局の全棋譜はモバイル中継叡王戦公式ページで閲覧可能です。

本戦進出!

これで予選を突破して、本戦進出が決まりました。

この1~2年は、成績は向上するも結果が出なかったので、壁を破れて嬉しいです。

 

予選では 1回戦の千田六段戦含めて全3局とも、思いきりよく指せて強敵相手に実力以上のものが出せました。

本戦も強敵との対戦が予想されますが、挑戦する気持ちで思いきりよくぶつかっていきます。

 

 

それではまた