将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

西田四段戦

先手で、角道を止めた四間飛車に居飛車穴熊で対抗しました。

 

穴熊が生きる

中盤のもみ合いで△6八歩と垂れ歩で攻めてきたところ。

お返しの一着で手応えを感じました。

 

f:id:toyamayusuke:20190111183325g:plain

(青字が実戦の手、先手▲が私です)

 

こちらも▲6四歩と垂れ歩で返しました。

△同金は▲6五歩で金の行き場がありません。

実戦は△6九歩成▲6三歩成△7九と▲7三と、と取り合いに。

相手の△7九とは王手にならず、こちらの▲7三とは王手。これが玉が一路遠い穴熊の長所です。

 

このあとも穴熊の遠さを生かして、際どい終盤戦を競り勝つことができました。

 

幸先のいいスタート

2019年最初の対局は、双方秒読みの熱戦を制しました。

年初にいい将棋で好スタートがきれたことは嬉しいです。

 

 

それではまた