将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

飯塚七段戦

振り駒で後手になり、角換わりへ。

流行の形に進みました。

 

一瞬の勝機

 

均衡のとれた激戦が続き、迎えた図。

ここで一瞬の勝機をとらえました。

 

f:id:toyamayusuke:20190606122203g:plain

(青字が実戦の手、後手△が私です。杏=成香)

 

自陣も危ないですが、かまわず△6八歩と攻めたのが好手に。

△6九金の1手詰を狙った単純な手ですが、7六の歩と相まって受けが難しいです。

▲同金には△5六桂の追撃があります。

 

実戦は▲6七金と勝負手がきました(馬で取ると▲4四銀で詰み)が、そこで△7七歩成が継続の一手。

以下▲同桂△8七角成と進んで先手玉は必至に。

後手玉もかなり危ない格好ですが、2枚の馬がよくきいて詰みはないようです。

(なお△7七歩成に▲同金は△7八歩が好手で、▲同玉は△5六馬の王手飛車、それ以外の応手は詰み)。

 

実戦も詰ましにこられましたが、逃げ切って制勝しました。

自信になる勝利

 

難易度の高い局面が続き、消耗する戦いでした。

ただその中でも集中力を持続して、大きなミスなく指せました。

目標とする先輩棋士に競り勝てて、自信になった一局でした。

 

昨年度昇級した竜王戦は、これで残留が決まりました。

あとは上を目指していきます。

 

 

それではまた