将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

飯塚七段戦

振り駒で先手になり、角換わりへ。

序盤で失敗して、終始ペースをつかめない苦しい将棋になりました。

そんな中で挽回し、勝負勝負と迫りました。

 

痛恨の判断ミス

迎えた終盤戦。先手▲が私です。

ここで実戦は▲3二飛と打ち込んだのですが。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180830104900g:plain

 

 

▲3二飛に強く△6六香と攻め合われて一手負けに。

非常に際どい形勢で、感想戦、検証を経て判明したこと。

対局中は形勢に利アリ、と思っていただけに痛恨の判断ミスでした。

 

正着は▲6六桂で、△6六香を消しながら銀取りといけば、これは難解な終盤戦でした。

▲3二飛は勝ちにいった手ですが、ここは相手の狙いを消しながら粘り強く戦う必要のある局面で、判断ミスが招いた敗戦でした。

 

敗戦で気がつくこと

▲6六桂のような根性の入った手が指せないのは、勝ちを求めすぎているから。

お世話になっている先輩棋士に、気持ちの弱さを戒められた敗戦でした。

 

来週は珍しく月(竜王戦)・金(叡王戦)と週に2回対局があります。

戒めを心に、また気持ちをそちらに向けていきます。

 

 

それではまた