将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

畠山(鎮)七段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。序盤から定跡を外れた乱戦になりました。

 

悔やまれる逸機

リードして迎えた終盤戦でしたが、ミスで接戦に。そして図の△7八金が読めておらず、ここで敗着を指しました。

 

f:id:toyamayusuke:20190123122148g:plain

(青字が実戦の手、先手▲が私です)

△5九飛成▲同玉△4八金打の詰めろで、ただ受けるだけでは△7七金と銀を取る手が厳しいです。

実戦は▲6九桂と受けましたが、△7七金▲同桂△8六飛上が詰めろで入って万事休す。

最後はキレイな即詰みに討ち取られました。

 

第1図では▲6八金と受けるのが最善でした。金がもう1枚入ると後手玉に即詰みが生じます。

ただ実戦では、△7九飛成と追撃されて受けなし、と考えていました。

しかし△7九飛成には▲6七玉という手がありました。

 

f:id:toyamayusuke:20190123122434g:plain

(青字が実戦の手、先手▲が私です)

 

わざわざ危険地帯に近づくようで、見たことのない手です。

△6八金や△7七金では詰みがなく、前述のように金が入ると後手玉が詰みます。

後手に有効な手段がなく、どうやら勝ちだったようです。

 

△7九飛成では△4八桂成もかなり有力ですが、それも▲6七玉とかわしてしのいでいるようです。

「▲6七玉」が勝ちへの道標でしたが、2つも有力な追撃があるので躊躇してしまいました。実力不足です。

 

また次へ

畠山七段にはここ数年ずっとお世話になっており、心待ちにしていた対戦でした。

自分の全力は尽くしましたが、実力が足りず敗戦となったのは残念です。

辛い敗戦ですが、これを力に変えられるよう、また次へ向かいます。

 

 

それではまた