将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

羽生善治棋聖の▲4三桂は記憶に残る鮮やかな一着に

棋聖戦第2局は、豊島将之八段が有利に進めていましたが、一瞬のスキを突いて羽生棋聖の鮮やかな攻めが決まりました。

 

急所をついた羽生棋聖の▲4三桂

ポイントとなったのは図の▲4三桂

 

 

f:id:toyamayusuke:20180616181758j:plain

 

 

飛角桂の3枚による攻めですが、この桂打ちで攻めが決まりました。

桂を取ってなんでもないようですが、△同金直と4ニの金で取ると4一の銀がタダで取られます。

よって△同金左と3ニの金で取りますが、そこで▲4一飛成が好手段。

あえて飛車を捨てることで、△4一同金に▲4三角成が成立します。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180616181856g:plain

 

 

ここで△3二銀には▲3三銀がピッタリで、△同銀は▲2一金、△4三銀は▲2二金でいずれも詰みとなります。

また△3二金の受けにも▲3三銀がピッタリで、△4三金は▲3二金で詰み。△3三同金は▲同馬で受けが難しい格好です。

 

 

珍しい手筋で、お手本となるような攻め筋

あまり見かけない手段なだけに、豊島八段も軽視したのでしょう。

▲4三桂の次の手に残り27分から20分を費やしたことでも、それが伺えます。

現地控室や大盤解説会でも、同様だったようです。

確かに全く受けがありません。私も驚きました。

 

自分自身の記憶に残す意味もあって、ブログに記しました。

以前の記事にも書きましたが、私達もお手本が欲しいのです。

教科書に載りそうな、そんな▲4三桂でした。

 

 

棋聖戦は羽生棋聖が勝って1勝1敗に 

実戦は▲4三桂にやむを得ず△2二玉と逃げましたが、▲4一角成で後手陣が崩壊しました。

以下も羽生棋聖は教科書に載りそうな基本に忠実な攻めを見せて、制勝しました。

 

全棋譜はモバイル中継でご確認ください!

bit.ly

 

 

棋聖戦はこれで1勝1敗に。第3局は6月30日(土)に行われます。

羽生棋聖は来週名人戦第6局を控えており、大勝負が続きます。

 

 

それではまた