将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

穴熊で端攻めを受け止めるメカニズム。上部に厚いメリットとは?

6月22日の中田功七段戦について。

www.toyama-shogi.com

 

ファンの方から質問を受けました。

「何故金が離れる7八金型にしたのですか?」

これは穴熊で端攻めを受ける時を考えてのものです。

今回はそのメカニズムについて書いていきます。

 

 

7八金型が端攻めに強い、そのメカニズムとは?

振り飛車側から端攻めを受けたときに「上部に厚い」7八金型が大きな違いを生みます。

ここからのメカニズムを知っているだけで、穴熊の勝率がアップするでしょう!

 

図は中田七段戦で駒組みが完了したところです。

  

f:id:toyamayusuke:20180712214426g:plain

 

 

実戦は第1図で▲5五歩と仕掛けました。

▲7九金寄とすれば完全穴熊ですが、その一手は間に合いません。

後手の角道が止まらない中で「△9五歩+△8五桂」型を作られると端攻めが厳しいからです。

つまり第1図で▲7九金寄と固めると△8五桂で術中にハマってしまいます。

 

完全穴熊に1手足りないのは仕方ありません。

その直前の形は「7九金6九金型」にもできました。

なぜ離れ駒ができる「7八金6九金型」にしたのか。

 

第1図から▲5五歩△同角▲2四歩△同歩▲同飛△2二歩▲3四飛に、△9六歩▲同歩△8五桂と進んだとします。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180713120029g:plain

 

 

第2図では▲8六歩が端攻めを受ける手筋です。

(▲3一飛成も有力ですが、ここでは▲8六歩を解説します)

△9七歩▲同桂△同桂成▲同香で第3図。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180713120105g:plain

 

 

これ以上端を攻めることができません。

この図で7八の金が7九にいると△8七桂があって王手金取りが生じるのがおわかりでしょうか。上部に厚い7八金型の長所がよく出た図です。

なお最初の△9七歩に ▲8五歩△9八歩成▲同玉という取り方も有力です。

 

もう一つのメカニズム

 

第1図から▲5五歩にすぐ△8五桂には、やはり▲8六歩と桂を責めます。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180713120233g:plain

 

 

△9七桂成と捨ててきますが、▲同銀と取るのが手筋。

桂や香と違って銀なら△9六歩の時に元に戻れます。

この取り方は△9七桂成と捨ててきたときの必須手筋です!

 

 

f:id:toyamayusuke:20180713120318g:plain

 

 

第5図以下、△9六歩▲8八銀△5五角に▲8七金が受けの好手。

 

 

f:id:toyamayusuke:20180713120349g:plain

 

 

第6図では後手からもうひと押しがありません。

△9七歩成には▲同香△9六歩▲同香△同香に▲9七歩(▲同金は△8七香)で大丈夫。

端攻めの性質上、後手はこれ以上援軍を送ることができず、攻めが途切れました。

 

 

端攻めは勝敗に直結する

7八金型のほうが端攻めに強いというメカニズム、ご理解いただけたでしょうか。

7八に金を配置し、8七の地点にきかせて上部を厚くすることで、様々なメリットがあるのです。

 

先日、端攻め本を紹介しました。


www.toyama-shogi.com

 

端攻めは勝敗に直結する大事な攻防です。

一つずつ手筋を覚えていきましょう!

 

 

それではまた