将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

宮田七段戦

振り駒で先手になり、一手損角換わりに早繰り銀で急戦を仕掛けました。

 

角のタダ捨て

攻め込んで迎えた図。

桂得はしたものの、角が詰んで困ったようですが、狙いの一手がありました。

 

f:id:toyamayusuke:20190419121605g:plain

(青字が実戦の手、先手▲が私です)

 

ここで▲5三角成が強烈なタダ捨て。

△同飛▲3五歩が狙いの一着で、銀取りにどう応じても▲4五桂で両取りがかかります。

桂で何かを取れれば、元々桂得していたので角を捨てても元が取れます。

駒の損得で五分に近くなれば、玉形や大駒の働きの差で優位に立てます。

 

この一撃で優勢となり、あとはどう勝つか、という将棋でしたが、緩手、悪手、凡手を積み重ねて逆転負けしました。

 

春休み

まさかという負け方で、終局後もしばらくは呆然としていました。

しかしこれもまた実力です。

勝ち上がっていた棋戦で連敗したことで、春休みとなってしまいました。

 

また対局が増える時期まで、力を蓄えます。

冬来たりなば春遠からじ、という心境です。

 

 

それではまた