将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

上村四段戦

先手で横歩取りに青野流で対抗。

実戦例の少ない格好に進みました。

 

読み落としで転落

中盤戦。先手▲が私です。

角と桂香の二枚換えという珍しい図に。

先手の私としては、相手の攻めを遅らせて▲8二歩からのと金攻めを間に合わせたい局面でした。

 

f:id:toyamayusuke:20180824120840g:plain

 

実戦は▲8二歩と攻めたときに△1四角が強烈な一着でした。

以下▲2五桂打△3七角成▲同銀△2五角、、、と攻め立てられて、最後まで▲8一歩成の手がまわりませんでした。

 

第1図では▲8二歩と打たずに▲2五香と打つべきで、△5四飛と逃げてくれれば▲8二歩が悠々間に合います。

問題は▲2五香にも△3七角成と切り込む手。この手が見えて▲2五香はやめたのですが、そこで▲3三飛成!という返し技がありました。

 

f:id:toyamayusuke:20180824121044g:plain

 

△3三同銀の一手に▲2四香と飛車を取ります。

▲3三飛成と金を取ったことで、▲2四香と飛車を取ったときに△3六馬と飛車を取られません。

 

しかしこの▲3三飛成が見えず、▲2五香を見送ってしまいました。

違う場面では似た手順を読んでいただけに、ここで見えなかったのが悔やまれます。

リズムの悪かった一戦

この日は昼食の注文で定跡を間違える(いつもは「うな重セットのご飯少なめ」なのに、この日はご飯を少なめで頼むのを忘れた)など、一日を通じて色々とリズムが狂っていました。

悪い日だったということで切り替えて、しばらく対局が続くのでまた次に向けて勉強します。

 

 

それではまた