将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

藤森五段戦

先手で相手の雁木模様に急戦を仕掛けました。

夜戦に入ってもずっと形勢が傾かない、際どい戦いが続きました。

 

長手数の詰み

そして迎えた図。最終盤です。

先手玉は受けが難しい格好で、詰ますよりありません。

 

 

f:id:toyamayusuke:20181102113319g:plain

(青字は実戦の手。先手▲が私)

 

ここから長手数の詰みに討ち取りました。

かなり大量の持ち駒ですが、なんと歩以外は全て使うことになります。

 

長くて恐縮ですが、▲2二香△同金寄▲3一竜△同玉▲4二銀△同玉▲4四飛(実戦はここで終局)△3一玉▲4二金△2一玉▲3二角△同金▲同金△同玉▲2二金△同玉▲3四桂△2一玉▲2二香△1二玉▲2一角

 

 

f:id:toyamayusuke:20181102114751g:plain

 

 

まさにピッタリの詰みです。他にも変化はありますが、歩以外の駒が一つでも欠けていると詰まないようです。

第1図の直前に▲9一竜と香を拾ったのですが、その香が最後の最後に生きることに。

文字通りギリギリの戦いで、勝ち運に恵まれました。

 

全てを出し切る戦い

持ち時間も体力も使い切って、全てを出し切りました。

勝つためには死力を尽くす必要があることを改めて実感する、そんな一局でした。

その気持ちを忘れずに、対局の続く11月、そして今後の順位戦を戦っていきます。

 

 

それではまた