将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

阿部(光)六段戦

後手で相雁木に。順位戦の3戦目、増田(康)四段戦と同じ出だしでした。

 

やや苦しい中盤戦で粘ったのが功を奏し、逆転。

しかし勝勢の局面でひどい見落としをして混戦に。

深夜の激闘となりました。迎えた図。後手△が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20171103033719g:plain

 

 

双方1分将棋の中、意を決して△5七角と寄せにいったのが好判断だったようです。

いまは自陣が大丈夫なので、その間に寄せきってしまおうという手。▲5七同銀は△6七桂からの詰みがあります。

 

実戦は▲6八銀と受けてきましたが、△8七桂と捨てて猛攻をかけて押し切りました。

 

阿部六段とは以前から練習将棋を指していて、手の内を知った相手。そういう相手と死力を尽くして戦えたこと、そして勝ちを手繰り寄せられたことはとても嬉しいです。

 

とはいえひどいミスもあったので、そこは反省材料です。

来週の対局でいったん一息となるので、引き続き気を引き締めていきます。

 

 

それではまた