将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山棋士の対局やお知らせから、将棋界やAIまで

竜王戦決勝T開幕! 深浦九段ー藤井聡太七段戦での見事な詰み筋について 【一部訂正あり】

いよいよ竜王戦決勝Tが開幕します。開幕カードは

藤井聡太七段(5組優勝)ー都成竜馬五段(6組優勝)

藤井七段は言わずもがなですが、都成五段も絶好調です。

素晴らしい将棋になりそうで、楽しみです。

 

棋譜中継はモバイル中継で!

将棋連盟ライブ中継アプリ|日本将棋連盟

 

深浦九段ー藤井七段戦の詰み手順

22日に行われた王座戦挑決Tは、藤井七段が深浦九段に勝って準決勝進出。

タイトル挑戦まであと2勝としました。

 

終盤戦は、対局を終えて自宅でリアルタイムで観ていました。

迎えた図

 

f:id:toyamayusuke:20180624200131g:plain

(杏=成香 )

 

(色付きは実戦の手)

実戦は▲4八同玉と金を取り、△5七金から易しい詰み筋に入りました。

問題は▲2七玉と逃げたらどうなるのか。

 

f:id:toyamayusuke:20180624200143g:plain

 

AbemaTVの解説陣は棋士2名でしたが、ふたりとも詰み筋がわからずに困惑していました。観ている私も同様でした。

しかし藤井七段は明らかに詰みを読みきっている様子です。

【追記】

藤井七段はこの詰みではなく、うまい受けで勝ちを読みきっていたようです。

詳細は後ほど。

藤井七段の落ち着いた態度を見て、詰みを読み切っているのだと思ってしまいました。

 

翌日も考えるも詰みがわからず、仕方ないので柿木将棋に聞いてみました。

すると第2図ですごい手があって詰むことがわかりました。

 

 

妙手△3八角!

普通に追うと、△2六金▲同玉△2五歩▲2七玉△2六金▲2八玉となり

 

f:id:toyamayusuke:20180624200157g:plain

 

角と桂は前にきかないので、これ以上有効な王手がありません。

 

そこで第2図で△3八角が妙手!

 

f:id:toyamayusuke:20180624200207g:plain

 

▲同飛と取らせてから△2六金▲同玉△2五歩▲2七玉△2六金と追います。

▲2八玉の局面を見ると△3八角の効果がハッキリします。

 

f:id:toyamayusuke:20180624200218g:plain

 

角捨で飛車を呼んだことで、この段階で飛車を取って詰ます道筋が開けました。

 

ここからはひたすら追いかけて、

△3六桂▲同銀△3八金▲同玉△3七金▲同玉△3六歩▲同玉△3五飛

 

f:id:toyamayusuke:20180624200227g:plain

 

駒を蓄えて飛車を据えれば、あとは玉がどちらに逃げても角を離して打って、難しくない詰み筋に入ります。

見事な詰み筋でした!

 

 

実戦で発見するのは大変

△3八角は知ってしまえばなるほどの一着ですが、実戦で発見するのは大変です。

現にAbemaTVの解説陣もその場では発見できず、私もかなり時間をかけてもわかりませんでした。

対局者はよく読んでいるとはいえ、少し前の局面から読み切っていた藤井七段はさすがと言えます。

【追記】

藤井七段は△3八角の詰みではなく、△5一金の受けで勝ちだと読み切っていたようです。記者の方からご指摘を受けました。

藤井七段の詰み力を信用してしまいました。 あの落ち着きは詰みを読み切っていたのではなく、いったん受けて勝ち、ということを読み切っていたからのようです。

訂正します。

 

覚えておきたい妙手順で、私も忘れないようにブログに記しました。

お手本となる一着でした。

 

 

通常版はいよいよ6月26日に発売開始!

愛蔵版は7月9日発売です。

 

 

 

 

竜王戦5組決勝、藤井七段-石田五段戦について3本のエントリを書いています。

www.toyama-shogi.com

 

www.toyama-shogi.com

 

www.toyama-shogi.com

 

 

それではまた