将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

Yahoo!ニュースに投稿しました!「【将棋竜王戦】羽生善治竜王に逆転勝ちを続ける、挑戦者のタイムマネジメント術」

Yahoo!ニュースに3回目の記事をアップしました!

news.yahoo.co.jp

 

持ち時間のタイムマネジメント

竜王戦では広瀬八段の逆転勝ちが続いていますが、そこには持ち時間における戦術、タイムマネジメント術があると思います。

第3局も第4局も、終盤戦では広瀬八段の残り時間が羽生竜王より多く、それが逆転への布石となりました。

詳細は上記記事でご確認ください!

 

持ち時間はあればあるほどいいのは当然のことで、特に終盤戦で残り時間が少ないのは辛いです。

記事でも書いたように、永瀬七段戦は秒読みだからこそ起きたポカでした。

 

www.toyama-shogi.com

 

反対に持ち時間があって助けられたことは沢山あります。

最近では、先月の藤森五段との対局がそれに当たります。

 

 

www.toyama-shogi.com

 

最後の詰みはかなり難解でしたが、持ち時間が30分程度残っていたことで、落ち着いて読み切れました。

もし秒読みだったら、詰みを逃した可能性も十分にあります。

 

注目の竜王戦、残り時間にも注目!

注目の竜王戦第5局は、4・5日に行われます。

両対局者の残り時間にも注目されると、より観戦の幅が広がると思います。

記事にも書いたように、羽生竜王が残り40分をきったところで逆転劇が起きています。本局はどうなるでしょうか。私も楽しみにしています。

 

中継はモバイル中継などで

 

 

それではまた