将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山棋士の対局やお知らせから、将棋界やAIまで

岡崎六段戦

先手で角換わりに。急戦を受ける格好になりました。

 

局面をリードして迎えた図。先手▲が私です。△7八成桂と寄ってきたところ。

 

 

f:id:toyamayusuke:20171208113402g:plain

 

 

圭=成桂

 

 

実戦は▲9六角と飛車成りを受けましたが、これは冴えない手。

ここでは▲2四歩が正解でした。

△8七飛成ときた時に▲9八角が狙いの一着。

△8八竜に▲3二角成△同玉▲2三角以下の詰みをみています。

 

▲2四歩は間接的に△8七飛成を受けており、しかも攻めにもよくきいています。

実戦の▲9六角より数段勝り、この手を逃したのは残念です。

 

ところが実戦は▲9六角に△3七金▲4四歩で相手が投了されました。△3七金は▲同金に△2九歩成を狙った攻めですが、手を抜くと不思議と後続がない格好でした。

悪手を指したら相手もつられて悪手を指すという、実戦ならではのやり取りでした。

 

この勝利で規定により降級点を消すことが出来ました。

5年前に2つ目を取ってからここまで長い道のりでした。ホッとしました。

苦しい時期でしたが、そこを乗り越えたことで成長できた手応えもあります。

 

ずっと下を見ての戦いでしたが、ようやく上を見ることが出来ます。

本局のようにまだまだ実力不足の点も多く、課題は山積みです。

来期に向けていい流れを作るためにも、残り3戦を必死に戦います。

 

 

それではまた