将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山棋士の対局やお知らせから、将棋界やAIまで

井上九段戦

振り駒で後手になり、相雁木へ。

定跡化されていない戦型で、一手一手に苦労しました。

 

飛車捨てが炸裂!

攻め込んで迎えた図。ここで大技が出ます。後手△が私です。

(色付きは実戦の手)

 

 

f:id:toyamayusuke:20180904122557g:plain

 

 

△8五飛と逃げるようでは▲8六歩で一息つかれてしまいます。

ここで思い切って△8七飛成と飛び込んだのが勝因になりました。

▲同金△同とに、▲9五角と逃げれば△2四桂が後続の攻め。飛車を取ると横からの王手が厳しいうえに、2四桂も△3六桂と活用がききそうです。

 

実戦は角も逃げず、△7七とも取らず、激しい攻めあいになりましたが、相手の攻めが止まったところで反撃に出て、1手争いの終盤戦を制しました。

 

わかりやすい手を逃したり、とん死筋をウッカリするなど、終盤は反省点も残ります。

全棋譜と解説はモバイル中継でご覧ください。

準決勝はタイトルホルダーとの対戦に

これで竜王戦4組は昇級者決定戦の準決勝まで勝ち上がりました。

次の相手は高見叡王です。久しぶりにタイトルホルダーとの対戦となります。

楽しみな一戦です!

 

感想戦終了後に、先輩棋士や中継記者と食事へ。ホテルに戻ってからはほとんど寝ずに、台風の影響を考慮して6時台の新幹線で帰京しました。

今週はまた金曜日に対局があるので、体調を整えて臨みます。

 

 

それではまた