将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

黒田四段戦

後手で相掛かりに。

仕掛けでリードを奪い、ギリギリのところを踏み込んで優勢になりました。 

 

敵陣にトライ!

終盤戦で安全にいく手を逃して冷や汗をかきましたが、図でようやく勝利を確信しました。

 

f:id:toyamayusuke:20190713150949g:plain

(青字が実戦の手、後手△が私です)

 

▲4九銀の王手に対し、5九の地点に玉を逃げ込みました。

元々初期配置では相手玉がいるところで、将棋では「トライする」と言われます。

珍しい格好で、私自身は公式戦では初めてでした。

 

実戦は▲4七馬△6五桂で投了となりました。

玉を逃げれば詰みですし、▲同馬は△同銀で後手玉が安全になり先手玉は受けなしです。

 

連勝スタート

順位戦はこれで2連勝のスタートとなりました。

次戦は同じく2連勝スタートの相手で、今期の一つのヤマになりそうです。

全力を尽くせるようにしたいです。

 

なお、対局翌日は諸事情あって結果報告のみでしたが、7月13日に書き直しました。

 

 

それではまた