将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

佐藤(紳)七段戦

振り駒で後手になり、矢倉の急戦からみたことのない戦いに。

 

膠着状態で千日手も視野に入る戦況でしたが、思い切って撃って出ました。

 

異端の角打ち

端を詰めて、空いたスペースに角を打って局面を打開しにいきました。

△7五歩▲同歩△9四角と桂頭を狙ったところです。

 

 

f:id:toyamayusuke:20190628175530g:plain

(青字が実戦の手、後手△が私です)

 

この角打ちも見たことのない手でしたが、対して▲8六角と見たことのない返し技を喰らいました。後手は自分の角が邪魔をして香取りが受かりません。

△7六歩▲9五角△7七歩成、と進んで桂香交換となりましたが、先手は香を取ると2筋方面で強力な攻め駒となります。

 

実戦も香を2筋方面に使われて守りを崩されてしまいました。

終盤はチャンスがくるも、生かせず敗戦となりました。

 

積極性が裏目に

後手番なので膠着状態で無理に動く必要はなかったのですが、棋風通り積極的に攻めたのが結果的に裏目に出ました。

この将棋は他でも判断ミスが多く、残念な一局でした。

 

今後も対局が続くので、反省してまた次へ向けて切り替えます。

 

 

それではまた