将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

福崎九段戦

先手で相居飛車の力戦に。相手の動きに乗じて急戦を仕掛けました。

 

飛車取りを放置

勢いはいいものの攻めが続くかギリギリの勝負に。

迎えた図。飛車取りをどう処理するか、という局面に見えますが。

 

 

f:id:toyamayusuke:20190614111804g:plain

(青字が実戦の手、先手▲が私です。)

 

 

ここで▲9六歩と思い切った手を指しました。

△9六同歩には▲同香が狙いの一着で、△同飛▲4四角となれば成功です。

△2四歩と飛車を取られる格好ですが、▲9五歩とすれば飛車か金を取り返せます。

 

後手に好手があればその瞬間にゲームセットなので怖い局面でしたが、後手の対応も難しかったようです。

実戦は△4五金と桂を取ってきましたが、▲9五歩△4四飛▲同角△同金▲4一飛と進んで攻めがつながりました。

結果的には▲9六歩が勝因でした。

 

白星スタート

 

順位戦はこれで白星スタート。

長い戦い、まずはいいスタートがきれて何よりです。

 

 

それではまた