将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

遠山プロの対局やお知らせから、将棋界やAIまで

佐藤(慎)五段戦

後手で相掛かりに。順位戦は先後5局ずつですが、今期は後手の5局中4局で相掛かりになりました。

 

強烈な桂打ち

 

22手目に飛車交換になる激しい展開。迎えた図は夕食休憩の局面です。▲5三桂と攻め込んできたところ。

 

f:id:toyamayusuke:20190308120849g:plain

(青字が実戦の手、後手△が私です。杏=成香)

 

夕食休憩を挟んで1時間以上考えるものの、考えれば考えるほどに攻めが厳しくて劣勢を意識しました。

△7一金や△6二金と逃げると▲2六馬が絶好で、▲4一桂成から金を取ったり、▲4一飛から寄せを狙われたりして受けがききません。かといって▲2六馬に△4四香と馬道を止めると▲3四銀と使われてしまいます。

 

受けがきかないので△1九飛と攻め合いましたが、最後は明快な一手負け。

中盤の折衝でのミスを、▲5三桂の一撃で咎められて完敗でした。

 

順位戦を終えて

今期は6勝4敗という成績で幕を閉じました。

納得のいく将棋が少なく、実力以上の成績だったと思います。少し前を思えば、2期連続で勝ち越したのは喜ぶべきことかもしれません。

特に最後の負けで課題がハッキリしました。敗戦を無駄にしないよう、この悔しい気持ちを次の開幕までエネルギーとしていきます。

 

昨日は隣で兄弟子の佐藤和俊六段が昇級をかけて戦っていました。

勝って見事にC級1組昇級を決めました。おめでとうございます!

 

www.hochi.co.jp

 

私も兄弟子を見習って、年齢や年数に関係なく精進を続けていきたいです。

 

師匠も喜びのツイートをしていました。

 

 

努力を続ければ必ずチャンスは巡ってきます。そこで「機会の窓」を開けられるかどうか。その瞬間のために精進が必要です。それを胸に、少しでも実力を向上させて6月の開幕を迎えたいものです。

 

 

それではまた